クレジットカードを作るのならポイント還元率が高いカードを

ポイント還元率比較でクレジットカードを
トップページ |

お得にポイントを貯めるための高還元率カードをご紹介

■ポイントやマイルを貯めるために、日常のちょっとした買い物から公共料金の支払いまでクレジットカードにする人たちが増えています。
多くのクレジットカードはポイント還元率が0.5%となっていますが、当サイト「ポイント還元率比較でクレジットカード」では、ポイント還元率が1%前後の高還元率のクレジットカードをピックアップし、ランキング形式で掲載しています。
■獲得したポイントを航空マイル(ANA・JAL)に変えたい方、キャッシュバックして現金化したい方、商品やギフト券に交換したい方、お好きなポイントプログラムへ交換・移行したい方など、ポイントの使い方も各々ですので、各クレジットカードのポイントプログラムについても解説しています。ご参考になさってみてください。

1位 東急TOP&ClubQ JMBカード

東急TOP&ClubQ JMBカード東急TOP&ClubQ JMBカード
●年会費は初年度無料。2年目以降は、1050円(税込)。 ●ポイント有効期限最長3年。
●ポイント還元率:1.0%〜10.0%(マスターカード加盟店でのショッピング・公共料金・ETCカード・PASMOオートチャージ利用は1.0%、東急百貨店利用は1%〜10%、東急グループ店利用は1.5%〜3.5%)
●主なポイトン交換・移行:東急グループ店での利用、JALマイル、PASMO等
■「東急TOP&ClubQ JMBカード」は、基本となるポイント還元率が1.0%なので、知られざる高還元カードなのである。2年目から年会費が1050円となるが、年間カード利用額が多い方はそれでも元が取れるので、東急グループ店の利用者やPASMOで東急電鉄を利用する人以外にもお薦めしたいカードとなっている。また、JAL搭乗の多い方でJALマイルをPASMOにチャージして使いたいという方にもお薦め。
基本ポイント付与は「200円=2ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=1円」
東急百貨店での利用は「100円=1〜10ポイント」、東急ハンズ・東急ストア・109等の東急グループ店舗での利用は「100円=1.5〜3.5ポイント」

さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

2位 楽天カード

楽天カード楽天カード
●年会費永年無料。 ●ポイント有効期限最長1年であるが実質無期限。
●ポイント還元率:1.0%〜3.0%(楽天市場利用は2%、街中加盟店利用は最大3%)
●主なポイトン交換・移行:楽天市場など楽天グループでの利用、ANAマイル、Tポイント等
■楽天カードは、ボーナスポイントやステージアップ制度はないが、通常のカード利用のポイント還元率が1%という高還元率な上、楽天市場での買い物は2倍以上、街中のポイント加盟店では2〜3倍となっており、カードの年間利用額の多少に関わらず高い還元を受けられるカードである。
基本ポイント付与は「100円=1ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=1円」。楽天市場での利用は「100円=2ポイント以上」、街中ポイント加盟店での利用は「100円=2〜3ポイント」
さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

3位 ライフカード

ライフカードライフカード
●年会費永年無料。 ●ポイント有効期限最長5年。
●ポイント還元率:0.5%〜最大20.0%以上(「Edy」チャージ分は0.25%、ショッピング・電子マネー「モバイルSuica」「iD」利用は0.5%、会員モール「L-Mall(エルモール)」利用は最大20.0%以上)
●主なポイトン交換・移行:商品・ギフト券、ANAマイル、楽天スーパーポイント等
■ライフカードは、新規入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月ポイント5倍付与、年間利用額に応じてのボーナスポイント付与、通常ポイント付与以外にもポイント付与があり、年間利用額が多いと1.0%以上の還元率となる。また、電子マモー「Edy」「モバイルSuica」「iD」のチャージ及び利用分もポイント付与対象となっている。
基本ポイント付与は「1000円=1ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=約5円〜6.6円」。Edyチャージ利用は「1000円=0.5ポイント」付与、iD・モバイルSuicaチャージ利用は「1000円=1ポイント」付与。
さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

4位 JCB EIT(エイト)カード

JCB EIT(エイト)カードの券面JCB EIT(エイト)カード
●年会費永年無料。 ●ポイント有効期限2年。
●ポイント還元率:0.5%〜最大20.0%(ショッピング・電子マネー「クイックペイ」利用は1%、公共料金・ETCカード利用は0.5%、OkiDokiランド利用は最大20.0%)
●主なポイトン交換・移行:商品・ギフト券、航空4社マイル、Edy、nanaco、Tポイント、楽天スーパーポイント等
■JCB・EIT(エイト)カードは、オンライン限定で入会できる年会費無料のクレジットカード。予め電子マネー「クイックペイ」搭載のカードを選ぶこともできる。JCBカードのポイント還元率は通常0.5%であるのに、このEIT(エイト)カードは1%還元率となっていることから人気上昇中のカードとなっている。
電子マネー「クイックペイ」利用分も1%還元率であるので、高額買い物はカード払いで、小額買い物は「クイックペイ」で支払うことで、少額買い物分も含めて効率的にポイントを貯めることができる。
基本ポイント付与は「1000円=2ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=5円」。公共料金支払い分とETCカード利用分は「1000円=1ポイント」
さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

5位 ファミマTカード

ファミマTカードの券面ファミマTカード
●年会費永年無料。 ●ポイントの有効期限は、1年間ポイントの変動がなかった場合(貯める、使う、交換するのいずれも行われなかった場合)は失効。
●ポイント還元率:0.5%〜1.5%以上(JCB加盟店でのショッピング・電子マネー「iD」・公共料金・ETCカード利用は0.5%、ファミマでの利用時は1.0%以上、Tポイント加盟店での提示または利用で0.5%〜1%、Tモール利用は1%以上)
●主なポイトン交換・移行:Tポイントでの利用、ヤフーポイント、ANAマイル等
■ファミマTカードは、ファミリーマートやツタヤなどをはじめとするTポイント加盟店でTポイントを貯める・使うことができる。とくに、ファミリーマートでの利用時は、カードの提示とカード決済(電子マネーiD決済でもOK)で1.0%以上のポイントが貰えます。さらに、毎週月曜日と土曜日はカードの日となっており、ポイントが最大5倍付与なので、2.5%の還元率でポイント獲得できる。
また、電子マネー「iD」利用分も0.5%還元率でポイントが貰える。
ファミマ利用以外での基本的なポイント付与は「200円=1ポイント」。ポイント価値は「1ポイント=1円」

さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

6位 「ビュー・スイカ」カード(view card)

ビューカード(view card)の券面「ビュー・スイカ」カード(view card)
●年会費は500円。 ●ポイントの有効期限は、最長2年。
●ポイント還元率:0.5%〜1.5%(JCB・VISA・マスターカード加盟店でのショッピング・公共料金・ETCカード利用は0.5%、Suicaチャージ・みどりの窓口・びゅうプラザ等JR東日本関連での利用時は1.5%)
●主なポイトン交換・移行:商品・ギフト券、Suicaへチャージ等
■「ビュー・スイカ」カード(view card)は、Suica利用者でクレジットカードによるオートチャージをしたい方や、JR東日本で定期券や切符を購入する機会が多い方に特にお薦めのクレジットカード。Suicaオートチャージやみどりの窓口、びゅうプラザ等での利用時は、ポイント付与が通常の3倍、つまり「1000円=6ポイント」の付与、1ポイントの価値は2.5円なので、1000円で15円の還元ということで還元率は1.5%となる。貯まったポイントはSuicaへチャージできるし、オレンジカードやびゅう商品券などJR東日本利用時に使える商品券に交換することもできる
JR東日本関連利用以外での基本的なポイント付与は「1000円=2ポイント」。ポイント価値は「1ポイント=2.5円」

さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

7位 JCBカード・タイプセレクト(Type Select)

JCBカードのタイプセレクト(Type Select)券面JCBカード タイプセレクト(Type Select)
●年会費永年無料。 ●ポイント有効期限2年。
●ポイント還元率:0.5%〜最大20.0%(ショッピング・電子マネー「クイックペイ」利用は0.5%、携帯電話料金・ETCカード利用・コンビニ利用分は1.0%、OkiDokiランド利用は最大20.0%)
●主なポイトン交換・移行:商品・ギフト券、航空4社マイル、Edy、nanaco、Tポイント、楽天スーパーポイント等
■JCBカード「タイプセレクト(Type Select)」は、オンライン限定で入会できる年会費無料のクレジットカード。「タイプセレクト」の特徴は、携帯電話/PHS利用代金支払い・コンビニ利用分・ETC利用分にはポイントが1.0%還元率で付与されるので、これらの利用でOkiDokiポイントを有利に貯めたい人は、上記EIT(エイト)カードではなく、この「タイプセレクト(Type Select)」を選ぶと良い。あるいは、両方持って、各々の支払いをポイント付与が有利な方で使い分けるのも良い。
電子マネー「クイックペイ」を追加発行可能で、「クイックペイ」利用分は0.5%還元率となる。ちなみにEIT(エイト)は1.0%。
基本ポイント付与は「1000円=1ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=5円」。携帯電話/PHS利用代金支払い・コンビニ利用分・ETC利用分は「1000円=2ポイント」

さらに詳しく >> 公式サイトへ >>

8位 ミレニアム/クラブオンカード・セゾン

ミレニアム/クラブオンカード・セゾン券面ミレニアム/クラブオンカード・セゾン
「ミレニアム/クラブオンポイント」と「永久不滅ポイント」がダブルで貯まります。
●年会費永年無料。 ●ポイント有効期限、「ミレニアム/クラブオンポイント」は2年。「永久不滅ポイント」
●ポイント還元率:0.5%〜最大10.0%(そごう・西武利用分は2.5%〜7.5%、ヨーカドー・セブンイレブン利用分は1.5%、JCB・VISA・アメックスカード加盟店でのショッピング・公共料金・ETCカード利用は0.5%、永久不滅ドットコム利用は最大10.0%)
●主なポイトン交換・移行:商品・ギフト券、ANAマイル、JALマイル、アマゾンギフト券、nanaco、ウェブマネー等
■デパート(百貨店)のそごう・西武、そしてヨーカドーやセブンイレブン等セブン&アイグループのお店では「ミレニアム/クラブオンポイント」と「永久不滅ポイント」ダブルで貯まるお得なカード。そごう・西武での利用分は還元率2.5%〜7.5%でポイント付与、ヨーカドーやセブンイレブン利用分は還元率1.5%でポイント付与。「ミレニアム/クラブオンポイント」はそごう・西武で「1ポイント=1円分」として利用でき、「永久不滅ポイント」を「ミレニアム/クラブオンポイント」へ交換することもできるので、普段、そごう・西武での買い物をする機会が多い方には大変お得となっているのでお薦めのクレジットカードです。
「ミレニアム/クラブオンポイント」の基本ポイント付与は「1000円=20ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=1円」
「永久不滅ポイント」の基本ポイント付与は「1000円=1ポイント」、ポイント価値は「1ポイント=5円」

さらに詳しく >> 公式サイトへ >>


【クレジットカードやポイント関連ニュース】
・各社が競うようにサービスを強化し、ポイントを乱発していた、いわば“ポイントバブル”は、企業の不景気とともに一気に下火になった。ただここに来て、共通ポイント「Ponta」が勢いを増し、来店すればタダでポイントが貯まる「スマポ」が普及するなど、再びポイント市場が活気を帯びつつある。(4月22日)
・クレジットカードの選び方と上手な使い方を専門家に聞いた。選び方のポイントは、日常的に利用する場所と手段だ。ショッピングポイント重視ならいつも利用するスーパーやデパートの提携カード。移動で飛行機をよく使うならマイルがたまるANAやJAL、JR利用者ならJR関連のカードをそれぞれ使うと割引などがあり移動代金の節約になる。(3月13日)

▲ このページのトップへ


【その他のカード】 P-oneポーラスターカード 東京電力スイッチカード SBIカード


高還元率クレジットカード
 東急TOP&ClubQ JMBカード
 楽天カード
 ライフカード
 JCB EIT(エイト)カード
 ファミマTカード
 「ビュー・スイカ」カード (view card)
 JCBカード タイプセレクト(Type Select)
 ミレニアム/クラブオンカード
リンク
 ETCカードとガソリンカード比較
 お問い合せと相互リンク
 相互リンク集(1)


Copyright(c)2010 還元率比較でクレジットカードを All Rights Reserved.